リーキーガット(カンジダ)と肌と免疫
5857385399c3cd8416016ca2 5857385399c3cd8416016ca2 5857385399c3cd8416016ca2 5857385399c3cd8416016ca2 5857385399c3cd8416016ca2

リーキーガット(カンジダ)と肌と免疫

¥8,640 税込

送料についてはこちら

本セミナーはWEB配信にてお届けします。 購入後は無期限で何度でも見ることができます。 【セミナー名】リーキーガットと肌と免疫 【時間】128分 【講師】ナチュロパス なみ 【内容】 リーキーガットが起きやすいといわれる以下のような方にオススメのセミナーです。 ▶甘いものが好きな人 ▶お酒が好きな人 ▶便秘になりがちな人 ▶妊婦 ▶暴飲暴食をしがちな人 ▶食物アレルギーを持つ人 ▶経口避妊薬やホルモン療法、抗生物質、ステロイドを長期使、もしくは使用頻度の高い人 ▶亜鉛不足の人 ▶ストレスが多く、運動をしない人   日本人の実に70%はリーキーガットを持っているともいわれています。   なみさん曰く、大なり小なりほぼ全員がリーキーガットではないのかとも・・・   リーキーガットとは、『腸漏れ』の状態です。   体に必要な栄養素のみを通すべき腸壁に、本来はあるべきではない小さな穴があいてしまっています。   その小さな穴を通して、毒素や未消化物等も体の中に取り入れてて様々な体調不良の原因になっていると言われています。   原因はカンジダ菌。   カンジダと聞いて、膣カンジダを思い浮かべる人も多いでしょう。 カンジダ菌は腸内にも生殖しています。   善玉菌が多く腸内のバランスがとれている場合 カンジダ菌は善玉菌の見方をしてくれます。 問題は、悪玉菌が増えたとき!   腸内のバランスが崩れると、カンジダ菌は悪玉菌に加勢して悪さをしはじめるのです。   悪玉菌に加勢するとカンジダ菌は、腸内で75種類以上の毒素をまきちらします。   そして、その毒素が腸壁を溶かしはじめるのです・・・   この、腸壁が溶けてしまった状態が「リーキーガット(腸漏れ)」。   下のような症状があらわれます。 食後のお腹の張り、ガスっぽさ、疲労感、無気力感、ニキビ、鼻炎、中耳炎、筋肉痛、下痢、便秘、湿疹、皮膚炎、不妊、PMS、関節炎、過敏性腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、逆流性 食道炎、栄養吸収障害、肝機能障害、うつ、不安感、食物過敏症・不耐性消化不良、自己免疫疾患、慢性疲労症候群、多発性硬化症、セリアック病など。   今回のセミナーでは ●腸と免役とお肌の関係 ●どうやったら腸を健康に保ち、健康な免役を保てるか ●腸内を綺麗に保ち、美肌を保つ方法 を分かりやすく実践的な内容でお伝えします。   腸内のバランスが整うと、肌の状態も良くなります。 健康に不安を抱えている人だけでなく、美容に関心の高い人も必聴です。 <<動画購入後の流れについて>> 朝型美人塾事務局より個別に動画URLとパスワードをお送りします。 即時対応ではございませんのでご了承くださいませ。